異流儀はなぜ恐ろしいのか

釈尊がお説きになった法華経に予証された御本仏が日蓮大聖人であるわけですが、その日蓮大聖人御教えに反する教義を唱えるのが「異流儀」の宗教・宗派です。
異流儀は、日蓮大聖人を崇める体を見せながら、その実大聖人の御教えには反するものです。

仏様の教えに少しでも反したことをすれば、それはやがて大きな誤りに発展するのは道理です。
そうした異流儀に付くと、仏様が教えていないことを仏様の教えと信じ込んでしまい、道を誤るため不幸になるのは当然の結末です。

とりわけ、異流儀は日蓮大聖人大聖人と言いながら、その実大聖人に唾を吐き、泥をかける大謗法を犯しているのですから、その罪は、並みの邪宗教よりもはるかに重いものだと言えるでしょう。

正信会

寺院に「日蓮正宗正信会」という看板を掲げていることもある、僧侶が率いる教団です。
日蓮大聖人が第二祖日興上人に相承なさった御本仏の血脈(けちみゃく)に対し「血脈は絶えた」など恐れ多い難癖をつけて、ついに日蓮正宗から破門されました。
「日蓮正宗」の看板は偽りのものですから注意が必要です。

日蓮宗各派

歴史が古いのでいかにもそれらしく見えますが、「日蓮」を標榜しつつ、釈尊を本尊とする誤った宗派です。
日蓮大聖人を一応は崇めるふうを装い、南無妙法蓮華経の文字曼荼羅を拝んだりするのですが、中身は空洞のような教義しか持っていないのが実状です。
結果として、厳格さを欠き”なんでもあり”的な迎合傾向が強く、かえって人々が受け入れやすい形を取っているので注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ