日蓮正宗総本山 本門戒壇の大御本尊まします富士大石寺

仏教の最高の教えで、
あなたの人生をひらく。


ご相談・お問い合わせ窓口はこちら

不安と不幸を克服する方法をさぐる

日蓮大聖人の花 桜 現代社会は、さまざまの不安と不幸にあふれています。そうしたものに戸惑い、もがき、ときにはあきらめ、またときには「どうにかなるさ」と息を抜いてみたつもりになっても、「どうしようもない」が哀しい結論だったりします。
運を天に任せてみても、「どうも私は運に見放されている」なんて、ため息をつくのにも飽き飽きしている・・・。

伝統仏教の最高峰である日蓮正宗では、「結果には必ず原因がある」という考えに立ち、「悪因を絶つことによって悪果を免れる」、「善因を積むことによって善果を生み出す」という、ひじょうに合理的な方法で不幸を退け、未来の幸福を目指す教えを実践しています

日蓮大聖人の「幸福」への教え

法華経を信ずる人は冬のごとし 日蓮大聖人は、「法華経を信ずる人は冬のごとし、冬は必ず春となる(御書832ページ)」と仰せになり、釈尊の最高の教えである法華経を信仰する信徒を励まされました。
今はどんなに苦しい状況にあろうとも、法華経を正しく信仰するという「善因」が、悪果を退け善果すなわち幸福な境涯をもたらすのだと、仏法のの道理に則ってご教示あそばされたのです。

妙法の功徳は必ずや現実に現れます。
1. 御本尊に祈念する願いや希望が必ず叶えられる。
2. 生命が浄化され、物事を正しく判断する智慧(ちえ)が備わり、困難に打ち克つ心を持つことができる。
3. 自分だけでなく、家族や友人なども真の幸福境涯へ導くことができる。
4. 父母を救い、先祖を成仏させ、子孫をも幸福に導く福徳を備えることができる。
などのさまざまの功徳を頂くことができるのが、日蓮正宗の信心です

事実、日蓮正宗の信仰を実践することにより、多くの方々が歓喜と感謝の日々を送ることができています。
限りある人生、悔いのない充実した幸福境涯の実現を、あなたも目指してみませんか

法華経の”乱れ”~誤った信仰による不幸

日蓮大聖人を「悪しく敬う」邪信仰 法華経は釈尊の時代から2500年以上が経ち、その間、さまざまに誤解、歪曲されてきた面があります。
日蓮大聖人は、「此の経は相伝に有らざれば知り難し(御書92ページ)」と、めいめい勝手に経文を解釈すれば、正しい教えは理解できないことをご教示くださいました。

日蓮宗身延派や創価学会なども、かつては法華経の相伝を信じていましたが、今ではそれを捨て、独自の教義を打ち立てて迷走しています。
つまり、信者を幸福に導けないのです。

このような誤った日蓮大聖人信仰は、「日蓮を用いぬるとも、悪しく敬はば国亡ぶべし」との仰せにも拝せるように、大聖人御自らが厳しく戒められた行為でもあるわけですが、もともと正しい教えが身についていない人は、視点が定まらないため理解分別以前の所にいることが多いのです。

しかし、知らない判らないでは事は済まず、誤った信仰は「悪因」となり必ずや悪果を生むが仏法の道理なのです。

日蓮大聖人の御教導に対する誤った解釈や無智についてはここでは詳述せず、個別のコンテンツに譲りたいと思います。

サブコンテンツ

ご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。
電話またはメールにて承ります。プライバシー・秘密は厳守いたします。

このサイトは、日蓮正宗法華講員の中の有志が、個人の責任において運営する、正しい仏教を広めるためのものです。
日蓮正宗ならびに大石寺および大石寺に属する寺院は一切責任を負いません。

このページの先頭へ